【SDGs17のゴール】4. 質の高い教育をみんなに

SDGs(持続可能な開発目標)17のゴール(目標)。その項目の4つ目に掲げられているのが「質の高い教育をみんなに」です。SDGsでは、2030年までにすべての人に包摂的かつ公正な質の高い教育を確保し、生涯学習の機会を促進することを目指しています。子どもに加え、社会的に弱い立場にある人々にまで範囲を広げた目標となっています。

SDGsが目指す2030年までに「質の高い教育をみんなに」が意味するものとは

教育については、SDGsの前身であるミレニアム開発目標(Millennium Development Goals: MDGs)では、「初等教育の完全普及の達成」というかたちで定められていました。MDGsからSDGsに変わったことで、より包括的な目標に変化しています。

たとえば、ゴール4に付随するターゲットには男女平等に関する文言のあるものが7つ、職業訓練に関する文言のあるものが4つ、障害者や先住民に関する文言のあるものが2つあります。「初等教育」に限定する目標から、まさに「みんなに」対する目標になっています。

SDGs「4. 質の高い教育をみんなに」に紐づけられる10個のターゲット

SDGsでは、17のゴールの各々に紐づけられる169のターゲットを定めています。「4. 質の高い教育をみんなに」のターゲットは以下の10個になります。

4-12030年までに、すべての子どもが男女の区別なく、適切かつ効果的な学習成果をもたらす、無償かつ公正で質の高い初等教育及び中等教育を修了できるようにする。
4-22030年までに、すべての子どもが男女の区別なく、質の高い乳幼児の発達支援、ケア及び就学前教育にアクセスすることにより、初等教育を受ける準備が整うようにする。
4-32030年までに、すべての人々が男女の区別なく、手頃な価格で質の高い技術教育、職業教育及び大学を含む高等教育への平等なアクセスを得られるようにする。
4-42030年までに、技術的・職業的スキルなど、雇用、働きがいのある人間らしい仕事及び起業に必要な技能を備えた若者と成人の割合を大幅に増加させる。
4-52030年までに、教育におけるジェンダー格差を無くし、障害者、先住民及び脆弱な立場にある子どもなど、脆弱層があらゆるレベルの教育や職業訓練に平等にアクセスできるようにする。
4-62030年までに、すべての若者及び大多数(男女ともに)の成人が、読み書き能力及び基本的計算能力を身に付けられるようにする。
4-72030年までに、持続可能な開発のための教育及び持続可能なライフスタイル、人権、男女の平等、平和及び非暴力的文化の推進、グローバル・シチズンシップ、文化多様性と文化の持続可能な開発への貢献の理解の教育を通して、全ての学習者が、持続可能な開発を促進するために必要な知識及び技能を習得できるようにする。
4-a子ども、障害及びジェンダーに配慮した教育施設を構築・改良し、すべての人々に安全で非暴力的、包摂的、効果的な学習環境を提供できるようにする。
4-b2020年までに、開発途上国、特に後発開発途上国及び小島嶼開発途上国、ならびにアフリカ諸国を対象とした、職業訓練、情報通信技術(ICT)、技術・工学・科学プログラムなど、先進国及びその他の開発途上国における高等教育の奨学金の件数を全世界で大幅に増加させる。
4-c2030年までに、開発途上国、特に後発開発途上国及び小島嶼開発途上国における教員養成のための国際協力などを通じて、質の高い教員の数を大幅に増加させる。
出所:外務省HP資料に基づいてクラウドクレジット作成

教育格差の現状と問題点―経済合理性と文化の多様性の両立を目指して―

世界全体として教育の普及率は上昇しており改善傾向にあります。しかしながら、貧困層と呼ばれる人々の中には、まだまだ学校に通うことができない人が存在し、そうした人々の中には文字を読むことができず、貧しさから脱却できるような職に就く機会が失われている人もいます。

また、教育の重要性は経済的側面だけでなく、文化的側面からも捉える必要があります。たとえば、少数民族教育においては、学習を進めても就職が難しいことから、その教育を受けることを選択する人が減り、言語はもちろん、伝統文化や生活様式が失われつつあります。

日本国内では、所得格差と教育格差の相関が指摘されています。親の所得階層が高いと、子供の学力も高くなるという正の相関が見受けられます。教育が社会階層の移動を助ける重要なファクターである一方で、教育により社会階層が固定化されている可能性もあるということです。

このように、教育は様々な課題を内包している複雑な領域です。そうであるが故に、一人一人が教育に関する課題と目標を知り、「みんな」でより良い在り方を模索してみることが、「質の高い教育をみんなに」届ける第一歩となります。